DAY30 10月1日

0700
ついに月替わり
f0182643_08475746.jpg
ぐっすり眠れた。今日は立たないといけない。もうトイレに行きたいし。
0745 主治医がきてドレンホースという患部の出血を出す管を外すと。糸を切って手で引いてる。重い痛みが走る。硬いらしく抜けない。チカラ入れてグッと、ブブッと滑る音と鈍い痛み。抜けましたよと看護師の声。ホッと一安心
0800朝食も自分でベッドを55度まであげて8割ほどたべた。さて起き上がろう!
看護婦さん読んで、歩行器とクロックスを用意してもらってベッドの足をフラットにして背中を60度まであげて、さあっと。ビリっとっと来るが構わず足をベッドのヘリに持っていって下ろし背を立てた。そのままよっとまる2日ぶりの姿勢。思ったほど激痛はなく、立てた喜びが大きい。そのまま連れ添ってトイレ。大きめの個室トイレでカテーテルを抜かれ(噂通り痛い)そのままトイレトラブルも回避。ほっとした。
これで繋がってたチューブは全部外れた。
0900定時の点滴が終わると着替えタイム。ついに手術着も終わり。なんとか下着まで着替え普段着に。2日ぶりに髭も剃っていつも通りシーブリーズで肌を引き締めた。
1200 昼食はもうおにぎりと串刺しではなく普通食。秋刀魚をおいしくいただいた。
以降少しは立ったり横になったりを意図的に行って痛みになれるよう努めた。
1700 家内とこうへいが来てくれた。また立ち上がれたことを素直に喜んでくれた。他愛ない話をし、こうへいが誕プレを思案しながら、時間切れ。1Fまで見送りができた。クルマが出るまで手を振ってたが、こうへいしか手を振ってくれなかった。
1800 夕食後、本を読みだした。東野圭吾だ。これが心臓血管医療のサスペンスもので手術や病院の描写ばかり。ちょっと滅入って、「バーにかかって来た電話」映画の原作になったやつに切り替えた。本来あまり好きな感じじゃないがまあ読める。
2200 消灯とともにしゅうしん

[PR]
by yotsubano | 2017-10-01 08:42 | できごと | Comments(0)